除毛クリームの効果10倍?綺麗に除毛するコツはアレを使うだけ!

先に結論を言います。除毛剤を使う時は是非スパチュラを使ってみてください。仕上がりが全然違います。

スパチュラを使用した部分と使用していない部分の違い

我

線の内側がスパチュラを使用した部分。外側が使用しないで手でこすりながら洗い流した部分です。スパチュラを使用していない部分に毛残りが確認できます。

この記事では、除毛剤を使う時にスパチュラが必須な理由、スパチュラの選び方、我が使っているいい感じのスパチュラなどをご紹介します!

スパチュラは美容現場では欠かせないアイテム

木製使い捨てスパチュラの写真

スパチュラとはヘラのことです。spatulaです。英語です。フランス後ではスパチュール(spatule)、ドイツ語ではスパーテル(spatel)といいます。

本来の使い方としては、クリームなどを手を使わずに衛生的にすくったり、手を汚さずに均一に塗り拡げたりするものです。美容現場では欠かせないアイテムですよね。

どう見てもアイスの棒にしか見えませんけど。

我は以前ブラジリアンワックスの施術を受けたことがありますが、その時もスパチュラでワックスを塗りたくられました。

除毛剤(除毛クリーム)の場合はほとんどがチューブ容器に入っているので、手を使わずに衛生的にひねり出すことができます。

では塗り拡げる時に使うのか?否!塗り拡げるときは手でOK!むしろ塗り拡げるときは手の方がスミズミまで塗れるから!

スパチュラは除毛クリームをこそげ落とす時に使います。

除毛剤の仕組みを考えると、スパチュラは必須!

除毛剤は除毛成分が毛を溶かして、毛根からスルンッと引き抜くイメージがありますよね。多くの除毛剤の広告も根本からスルンッ的な表現をしていると思います。

ただこれ、ちょっと誤解を生む表現だなぁと我は思っています。なぜなら、根本からスルンッを実現するためには、毛根だけを溶かして、毛の部分は溶かさずにいないと無理だからです

でも実際は違いますよね。ムダ毛全体の構造を液剤でぶっ壊して、全体がフニャフニャになっている状態です。そのまま拭き取ったり手で撫でたりするだけでは、肌表面より下の部分のムダ毛が残ってしまいます。

除毛剤の理想と現実

だから毛穴に黒いぶつぶつが残ってしまうんです(毛穴に残った太い毛)。ではこのぶつぶつを回避するためにはどうすれば良いか?というと、カミソリで言うところの深剃りをしてあげればいいんです。

そのために必要なのがスパチュラなんですね。もしもカミソリで深剃りをしようとすると、

  • カミソリを強く当てる。
  • 逆剃りをする。

という、肌に大ダメージを与えるデンジャラスアクションが待っています。これ、続けていると乾燥肌になるし、最悪黒ずみます。

今までカミソリを使っていた方は、肌を傷つけて痒みを感じたり、剃毛後に保湿液が肌にしみたりしていませんでしたか?

スパチュラなら大丈夫。カミソリのように刃物じゃないから肌を傷つけません。だから、除毛の際の深剃りに適しているわけですね。

スパチュラでムダ毛が生えている方向とは逆側にこそぐ

スパチュラでの除毛

写真のように、スパチュラを斜めに当てて毛並みに逆らうようにこそげ落とします。この時、あまり力を入れすぎないように注意!

一回で落としきれない場合、二回目は優しくやってください。除毛剤がしっかり塗れていればちゃんと落とせます。

我

それほど毛が濃くない女性の場合は逆剃りを意識しなくても綺麗に除毛できます。そう、スパチュラを使えば・・・!

肌状態に自信がない時はスパチュラの使用を控えてください

スパチュラを使った除毛で失敗した時の画像です。お見苦しいですが注意喚起のため。

除毛失敗

我

この赤い点々・・・かさぶたなんだぜ・・・。

肌が乾燥している時に強めの力でスパチュラを使ってしまったらこんなことになりました。肌コンディションの悪いときはそもそも除毛剤を使うべきではありません。スパチュラを使う以前の問題です。

でも、やってしまったんですね!反省しています。乾燥肌の状態ってよーく見ると肌が粉を吹いたようになっています。これ、肌が細かくめくれている状態です。

バリア機能が弱まっているお肌を、スパチュラで削って傷つけてしまったわけですね。おそらく夏場は大丈夫だと思いますが、冬場は特に乾燥しやすいのでご注意ください。

除毛剤をこそげ落とすのに適したスパチュラの選び方

Amazonでスパチュラと検索するとわかりますが、種類がものすごくあります。材質は木製、金属製、プラスチックとありますし、サイズも形も色々!

我は色々なスパチュラを試してみましたが、その結果、木製で大きめなスパチュラを選ぶと幸せになれることが判明しました。

色々なスパチュラ

これには理由があって、まず、

  • 小さいスパチュラ
  • 所々にカーブがついている
  • 場所によって厚さが違う

こういうスパチュラは単純に使いづらいです。小さいと持ちづらいですし、所々にカーブがついていたり厚さが違ったりしていると、力が均一に掛かりません。

あと、木製が良いのは、肌ざわりが優しく、しかも「使い捨てで衛生的に使える」からです。

特に衛生的に使えるのは重要で、仮に雑菌だらけのスパチュラを除毛剤を塗った無防備な肌に使うと肌トラブルの原因になります。毛穴からばい菌が入って毛のう炎コース1名様ご案内。

我

ということで、木製のスパチュラを洗って何回も使うのはNG!

>>我が使っている使い捨て木製スパチュラはコレ(厚さ0.2cm×長さ15cm×幅1.8cm)

使い捨てに抵抗がある場合はステンレス製でもOKですが・・・。

木製スパチュラは衛生的で肌触りも良いので除毛剤をこそげ取るのにオススメですが、あなたがもしも

木製のスパチュラは地球に優しくない。私は割り箸は使わない!マイ箸派!」

というポリシーでしたら繰り返し使えるステンレス製のスパチュラを使っても良いと我は思います。ただ、ステンレス製で厚さが均等な大きめのスパチュラとなると、どうしても調理用のあんべらになります。

我

中華料理屋で熟練職人が猛スピードで自家製餃子の皮に具を包んでいるのを想像してください。その時に職人さんが利き手に持っているのがあんべらです!

こういうのですね↓

ステンレス製のスパチュラ

パッケージには、用途以外には使用しないでくださいと書かれていることが多いです。本来の使い方ではないので使用は自己責任で・・・という感じですね。また、

  • 使用後は綺麗に洗って清潔なタオルで拭く。
  • アルコールで消毒してよく乾かしてから保管する。
  • ホコリや雑菌がつかないように保管する。

など、使い捨てスパチュラに比べて手入れが面倒臭いのがデメリット。

肌触りも冷たくて「ひぃっ!」ってなるし、なんだか肌に刃物を当てているようないや~んな感覚になるので人によってはオススメできません。

ステンレス製のスパチュラを使う場合はデメリットを理解した上で使ってくださいね!

我

使い捨てスパチュラは環境には良いとは言えませんが、色々なスパチュラを試した結果、大きめの木製スパチュラが一番幸せになれるという結論に至りました!ガッツリ除毛したい方にオススメです!

>>我が使っている使い捨て木製スパチュラはコレ(厚さ0.2cm×長さ15cm×幅1.8cm)

毛深家の除毛剤一括評価表
毛深家の除毛剤を全部試して一括比較!